『 クリック!「指先」が引き寄せるメガ・チャンス』:読んだ

| トラックバック(0)
最近、すっかりBlogを更新してませんが。。。

クリック!「指先」が引き寄せるメガ・チャンス』を今日で読み切った。
買う前はどうかなぁと思っていたのだけれど、なんとなく手にとって買ってしまった。

著者はHitwise(http://www.hitwise.com/us)に勤めているらしい。
これまであまり気にしてなかったけれど、どこかで聞いた気がする。。部署内でかも。

読んでいて気になったのは、どうやってユーザのクリックを集めているのか?だった。
どっかの調査会社であったと思うけど、アドオンかな。IEとかへの。
現状売っているアクセス解析ではサイトに入ってからのユーザの流れを追うことしかできないけれど、本を読む限りその前も追えているってことだよね、きっと。
ふーん。

前半はおもしろかったけれど、後半はなんかあまり心が躍らなかったかな。
ボヘミアンミックスと1対9対90の法則、テレビとネットの関係はおもしろかった。

あと個人的には、オバマの話が出てきた7章の「クリック音に時代の「本音」を聴き取れ!」の表現はしっくりきた。

この誤報事件においてもっとも重要なのは、「バラク・オバマ→イスラム教学校」という連想が、たった4日間だったにしてもいっとき「流行」してしまい、更にはネット空間がそれを「記憶」したということだ。その後、1年もの時間が経ってから有権者の検索行動を検証したが、「バラク・オバマ」を含む検索数上位10件のうち3件が、依然として、オバマの宗教あるいはイスラムの教えに関するものだった。また、「イスラム教」を含む検索を見ると、上位10件のうちの6件にバラク・オバマに関する記述が含まれていた。
(強調は私によるもの)


そう、これ。
ネット上のおしゃべりやつぶやきは、記憶されてしまう。これは今まで学者とと小説家などの一部でしか経験してこなかった状況だと思うんだよね。過去に書いた雑誌や本(なんなら修論:-)とかがある人だけに起こっていたというか。

10年経って昔書いた記事を元に「昔こう言っていたじゃないか」と言われるケースが増えてきたら、どうなるんだろ。
つぶやき数を増して、個人の情報としてマイニングするにはコストがあわないようにするのかな??

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.flotsam-fareast.com/mt425/mt-tb.cgi/25